MRの転職・MRの仕事をサポートする情報サイト

サイトマップ
TOP > MRコラム > 転職トレンド

MRコラム

日々の仕事に役立つ情報や転職成功の秘訣など。 MRの第一線で働くあなたのためになる様々な情報をコラムで発信します。

女性人気急上昇中のCMR転職、メリット/デメリット徹底比較!

転職トレンド

近年、日本でも注目されるようになってきた、MRの業務派遣業「CSO」。CSOと契約する製薬企業に出向し、MR活動を行うコントラクトMR(CMR)という職種が、特に転職を希望する女性MRの間で、人気を集めるようになってきました。その人気の理由とは、どんなところにあるのでしょうか? 今回は、CSOへの転職を経験した現役女性CMRの方々に、メリット/デメリットを聞いてみました。 メリット1.幅広い領域....

女性人気急上昇中のCMR転職、メリット/デメリット徹底比較!の続きを読む

近年注目の「医療モール」って何?

転職トレンド

近年、医療の世界で事例が急増しているのが、「医療モール」という、新しい医療サービスの形態。聞いたことがない、聞いたことはあるけどくわしくは知らない、という方のために、医療モールとは何か、おさらいしていきましょう。 ショッピングモールは、複数の小売店舗がひとつの建物・場所に集まった大型商業施設のこと。単独での店舗出店と比較して、集客力や初期投資の低減に効果があるところに特長があります。 医療モール....

近年注目の「医療モール」って何?の続きを読む

人事Aが熱っぽく教えてくれた、落ちる応募書類ワースト4

転職トレンド

「応募書類で落とされる応募者のパターンは、いつも同じ!」と熱く語るのは、某医薬品メーカーの人事A。面接を重視するMR採用では、書類選考を通過できないというひとには重大な問題があると断言する人事Aに、落ちる応募者の何がいけないのか、厳しく指摘してもらいました。 1.字が汚い 人事Aの証言「まずね、字が読めない、読みづらいというひとが多いです。書類は相手にストレスなく読める体裁を整えているかどうかが....

人事Aが熱っぽく教えてくれた、落ちる応募書類ワースト4の続きを読む

日本の病院・5分類

転職トレンド

医療法によると「病院」とは、「20人以上の患者を入院させるための施設を有するもの」のことです。 とはいえ、その役割や規模によって分類は様々。今回は、世の中にある病院を5つのカテゴリーに分けて、その特徴を探っていきましょう。 1.地域中核型病院 いわゆる「総合病院」と呼ばれる病院で、地域の医療を支える中核的な存在です。地域医療を相当程度に完結でき、救急医療にも対応します。 患者の入院から退院までの....

日本の病院・5分類の続きを読む

医療関連サービス委託率の推移一覧

転職トレンド

医療関連サービス振興会の調査によると、病院などの医療機関における、医療関連サービスの外部委託率は、上昇の一途をたどっています。下記の一覧は、6年ごとの外部委託率の推移をまとめたものです。 <寝具類洗濯> 平成3年度:95.4% 平成9年度:97.4% 平成15年度:98.2% 平成21年度:97.4% <医療廃棄物処理> 平成3年度:79.3% 平成9年度:93.4% 平成15年度:97.8% ....

医療関連サービス委託率の推移一覧の続きを読む

薬剤師にとっての「MRになるメリット」

転職トレンド

薬剤師資格を習得した方の有力な進路として、MR、病院薬剤師、保険薬局薬剤師、 ドラッグストア薬剤師、などがあります。特に今回はその中で、「MR」を選択した先輩からの、メリット、デメリットをまとめてみました。 薬剤師資格を習得した、あるいは取得予定の方で、進路に悩んでいる場合は参考にしてください。 <MRを選択するメリット> 「製薬会社・医師・看護師・他社MRなど、関わる人間の規模と範囲が広く、....

薬剤師にとっての「MRになるメリット」の続きを読む

人事が嫌がる「こともある」、6つの意外なハンディ

転職トレンド

自分ではアピールになっているつもりが...人事にとってはマイナス評価のポイントに。そんな事例、思い当たりますか?応募書類や面接の際、思わぬ減点を招いてしまわないために、意外なハンディのリストを確認してみてください。 1.業務内容に関係のない資格が多い 資格をとること自体は、決して悪いことではありません。しかし、MRの職種に応募する際、「漢字検定」や「色彩検定」は、ほぼアピールになることはありませ....

人事が嫌がる「こともある」、6つの意外なハンディの続きを読む

人事が「またこのパターンか」と苦笑する、NG応募書類あるある

転職トレンド

なかなか書類選考を通過してくれないNG応募書類には、実はいくつかの共通点がありました。今回のコラムでは、ありがちNG応募書類パターンを4つご紹介。 まずは失点を防いで、手堅い応募書類を仕上げていきましょう。 あるある1.紙面が空白だらけ。 たとえば、数行分のスペースがある志望動機に、「医療業界に入りたいから。」とほんの数文字だけの書き込み。それはそうです、医療業界に興味がなければ、MRの求人に....

人事が「またこのパターンか」と苦笑する、NG応募書類あるあるの続きを読む

10の疑問を解決!はじめての転職

転職トレンド

はじめて転職を考えてみた。けれども、何から何までわからないことが多すぎて、今さら他人には聞きづらい...。今回はそんな転職初心者向けに、転職活動における疑問、初歩中の初歩にお答えしていきます。 質問1.転職活動にかかる期間はどれくらい? 平均的には、1~3カ月くらいが多いようです。ただし、応募先の企業に求人が殺到した場合などは選考が長期化することもあり、何回か不採用が続けば、半年以上と活動も長....

10の疑問を解決!はじめての転職の続きを読む

医師と薬剤師、何で分業しているの?

転職トレンド

病院に出かけて処方せんを受け取るとき、「なんでわざわざ病院の外の薬局に寄らないといけないのだろう、面倒だなぁ」と疑問に感じたことはありませんか。これ実は、薬剤師法や薬事法によって奨励されている「医薬分業」が理由です。なぜ、医薬分業をする必要があるのか。医薬分業の歴史は? 今回のコラムでは、医薬分業のアレコレを、整理してみました。医療業界の基本的知識なので、これからMRを志望する医療業界初心者は....

医師と薬剤師、何で分業しているの?の続きを読む

日本の医薬品業界はどう発展する? 新医薬品産業ビジョンとは

転職トレンド

厚生労働相は、2002年、国家戦略として医薬品産業を活性化させるための戦略を策定しました。それは、「医薬品産業ビジョン」。さらに2007年、より発展的な医薬品産業の将来像を再編させたものが「新医薬品産業ビジョン」です。 厚生労働相の見解によると、医薬品産業は知的財産立国を目指す日本という国の、リーディング産業、すなわち、日本の経済成長を支える骨子となる巨大産業として期待されているのです。 日本に....

日本の医薬品業界はどう発展する? 新医薬品産業ビジョンとはの続きを読む

人事が思わず説教したKY応募者エピソードVol.1

転職トレンド

人事は、企業の「顔」。 どんなに非常識な不採用確定の応募者も、巡り回ればいつかは自社の顧客。悪いイメージを与えずに、笑顔で返すのがセオリーではありますが...。 普段は温厚で笑顔を絶やさない人事も、思わず説教せずにはいられなかった、KY応募者3人のエピソードを紹介します。 人のふり見て我がふり直せ。まさか自分には当てはまらないか、ご一読ください。 <人事Aさんの説教:身だしなみは最低限キチンと....

人事が思わず説教したKY応募者エピソードVol.1の続きを読む

医薬品メーカー企業で「よく聞かれる」20の質問

転職トレンド

転職の面接では、どんな業界でもよく聞かれる質問があります。これらへの対策は与えられたチャンスを最大限活かすために、大変重要なことです。 一方、医薬品メーカーには医薬品メーカーならではの定番質問もあります。意中の企業からの内定を得るためには、どちらの対策も重要。 今回のコラムでは、医薬品メーカー企業でよく聞かれる20の質問を紹介しますので、自己PRにしっかり繋がる回答を、事前に用意しておくようにし....

医薬品メーカー企業で「よく聞かれる」20の質問の続きを読む

転職のタイミングは「三本の矢」理論で確認!

転職トレンド

「買いたい時が買い替え時!」なんて、家電を買い換えるようにはいかないのが、転職というもの。自分の一生を左右する重大な決断を後悔なく下すためには、意識しておきたい3つのタイミングがあります。それが、転職のタイミング「三本の矢」理論。下記の条件が重なったときこそ、まさにあなたの人生を動かす好機です。 <第一の矢:社内ではもうキャリアアップが見込めないとき> 重要なのは、責任ある仕事や高額な給与は、....

転職のタイミングは「三本の矢」理論で確認!の続きを読む

転職活動で何が困った?トラブル実例集(2/2)

転職トレンド

いよいよ転職活動も、終盤。そんなときに限って、取り返しのつかないトラブルは発生してしまうものです。転職の先輩たちの実例をしっかり聞いておいて、予め対策を立てておきましょう。 <条件・待遇に関わるトラブル実例集> 「給与額について「御社の基準にお任せします」とだけ言っておいたが、募集案内に書かれている下限いっぱいの金額にされた。もう少し、主張すべきだった?(32歳・女性)」 「MRが勤務地を選べ....

転職活動で何が困った?トラブル実例集(2/2)の続きを読む

転職活動で何が困った?トラブル実例集(1/2)

転職トレンド

転職に関するよくあるトラブル。それは他人事ではありません。知らない、わからない、で後悔する前に、あらかじめトラブルの例を想定してスマートな転職活動を心がけましょう。 <会社を選ぶ際のトラブル実例> 「転職先が決まった直後、事業部の統廃合やリストラが始まり倒産への道にまっしぐら。経営状況くらいは調べておくべきと学んだ。(25歳・男性)」 「名前を知っている企業ばかりを受けてなかなか採用が出なかっ....

転職活動で何が困った?トラブル実例集(1/2)の続きを読む

数字で見る医薬品業界の未来

転職トレンド

これから医薬品業界に就職を考えているひとにこそぜひ知っておいてほしいのが、医薬品業界の市場規模と、今後の発展性。1997年と2007年の統計データから、業界の将来性について、推測してみましょう。 <世界市場の成長は10年で2.6倍> 「日本製薬工業協会Webサイト資料」によると、1997年の市場規模は2,550億ドル。2007年には、6,674億ドルと、10年間でおよそ2.6倍に成長しています....

数字で見る医薬品業界の未来の続きを読む

会社を正しく選ぶための5つのチェックポイント

転職トレンド

転職活動を決意したものの、どんな会社を選んだら良いかわからない。MRになると決めたけど、製薬会社ごとの違いがわからない。そんな転職初心者の方々はまず、以下の5つのチェックポイントを読んで、会社選びの基準にしてください。 1.給与額の基準はどれくらい? 求人広告で明言している「最低賃金」が、自分が受け取る給与額だと思って、まず間違いありません。高額な「給与例」は、あくまでその会社で一番仕事のデキ....

会社を正しく選ぶための5つのチェックポイントの続きを読む

MRになるのはどんな人?年齢・性別・専攻構成について

転職トレンド

MRという仕事を志望し、実際にMRとして働いているひとは、どんなひとなのでしょうか。MRの年齢構成や性別年齢構成を見て、「自分は年齢が上すぎるんじゃないか?」、「女性は少ないんじゃないかしら?」、「文系出身じゃ通用しないでしょ?」なんていう漠然とした不安を、解決させましょう。 ※出典:平成20年度MR白書(医療情報担当者教育センター) <MRの年齢構成> 20代:28.8% 30代:34.9% ....

MRになるのはどんな人?年齢・性別・専攻構成についての続きを読む

転職にかかるお金の話

転職トレンド

転職活動を始める前に忘れてはいけないのが、お金の計算。特に、現職を退職してから無収入の状態で行う転職活動には、余裕のある資金計画が欠かせません。なぜなら、転職活動には、思っているよりも多くのお金がかかるからです。 転職活動中に想定されるお金の支出は、たとえば以下の通りです。 ・生活費(食費・家賃・公共料金など) ・交際費(飲食代や結婚のご祝儀など) ・服飾費(スーツ・革靴などを新調する場合) ・....

転職にかかるお金の話の続きを読む

給与がアップしやすい転職とは?

転職トレンド

以前、「MRの給与水準は?」の記事で紹介したように、製薬会社の給与水準は大変高く、ソニーやトヨタ自動車、キリンホールディングスなどの主要製造業者と比較しても、まったく遜色がありません。 また、MRは製薬会社の中でも他職種よりも比較的給与が高い傾向にあるようです。 ですから、他業種、他職種からMRへ転職した場合は、給与がアップする可能性は、かなり高いと言えるでしょう。 そもそも給与がアップするのは....

給与がアップしやすい転職とは?の続きを読む

MRのスカウトメールが届いた場合

転職トレンド

求人サイトや人材紹介会社にプロフィールを登録しておくと、医薬品メーカーから面接のオファーが来ることがあります。このような「スカウトメール」には、面倒がらずに積極的な返信、問い合わせをオススメします。そのおもな理由は、つぎの通りです。 <スカウトメールのメリット> 1.知らなかった業種・職種からオファーが来る。 スカウトは自分から、「この業界に入りたい」、「この職種で働きたい」といった希望に従って....

MRのスカウトメールが届いた場合の続きを読む

30代のMR転職は難しい?

転職トレンド

日本における転職市場では、そもそも35歳以上の転職は難しい、と言われているようです。その理由は、以下の通りです。 1.企業が求める能力水準が高い。 多くの企業では、正社員は35歳を越えるくらいの年齢になると、管理職ポストを与えられるポジションになってくるようです。管理職としての採用が前提の募集条件であれば、求められる能力や経験は、必然的に高いものになってきます。 管理職に必要とされる能力は、たと....

30代のMR転職は難しい?の続きを読む

医療用医薬品とOTC医薬品の違い

転職トレンド

医薬品は、「医療用医薬品」と、「OTC医薬品」のふたつに、大別されます。その中で、MRが取り扱うのは「医療用医薬品」ですが、具体的な違いはなにか、ここでおさらいしておきましょう。 1.医療用医薬品 医療用医薬品は、病院や保険薬局で処方・調剤される医薬品のことです。一般的に「OTC医薬品」よりも効果が強く、用量や用法、副作用や相互作用に注意が必要なことから、医師等の処方せん交付がなければ、販売・授....

医療用医薬品とOTC医薬品の違いの続きを読む

未経験者の間違い自己PRワースト5

転職トレンド

応募書類でも、面接の場でも、自分では猛烈な自己PRをしているつもりなのに、面接官にはマイナスイメージしか与えられていない、という場合があります。ここで「間違い自己PR」の代表的な事例と、改善ポイントを学んで、効果的な自己PRができるようステップアップしましょう。 1.前職の批判などネガティブな発言が目立つ。 たとえ「上司から正当に評価されない」事実があったとしても、評価されるのは、そのような逆境....

未経験者の間違い自己PRワースト5の続きを読む

人材紹介会社のビジネスモデル

転職トレンド

転職活動において、転職コンサルタントをうまく活用するメリットは、これまで何度かお伝えしてきました。おさらいすると、 ・コンサルタントしか入手できない求人情報を提供してもらえる。 ・応募書類や面接の対策を行ってくれる。 ・企業との間に入って条件交渉してくれる。 といったところです。 しかも何度相談しても、基本的にはコンサルティング料金は無料。利用者にとって良いことずくめですが、では、転職コンサルタ....

人材紹介会社のビジネスモデルの続きを読む

11ポイントで徹底解説。求人広告のチェックポイント

転職トレンド

求人サイトや人材紹介会社から入手できる求人情報は普通要約されたものであり、募集企業側の意図をすべて表現し尽くしたものではありません。ですから、自身の希望や条件に合う企業を発見して、さらに応募書類や面接で適切なアピールをするためには、求人情報の中に隠された意図を正しく読む技術が必要となります。 1、募集年齢 たとえば「25~35歳」などと書かれている場合、30代後半まで充分に応募が可能。プラスマイ....

11ポイントで徹底解説。求人広告のチェックポイントの続きを読む

面接担当者の中からキーマンを見分ける

転職トレンド

あなたの前に座る面接担当者には大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれの人物がどんな役職や立場であるかを把握すれば、面接担当者の質問の意図、そしてその質問に対する適切な回答はおのずとわかってくるはずです。 転職面接において通常もっとも強い決定権を握っているのは「直属の上司」です。転職者を募るということは、空きのあるポストや補充したい人員がいるということ。、適材適所でのマッチングがもっとも重要....

面接担当者の中からキーマンを見分けるの続きを読む

事前の条件と異なることが入社後に発覚したらどうするか

転職トレンド

理解しておきたいのは、会社は生き物だということ。たとえば、面接時に赴任を打診された営業所が、あなたが入社したときには廃止されていた、というようなケースも存在します。経営者の交代による事業改善、事業部の再編成による事業計画の変更やノルマの変更は、会社が日々、そのときどきのベストを求め変化し続けていることを思えば、当然のことだといえるのです さて、ではそういう前提に立った上で、あなたが要望した条件が....

事前の条件と異なることが入社後に発覚したらどうするかの続きを読む

どんなに転職活動を続けても採用されない3つの理由

転職トレンド

転職活動が長期化してしまう応募者の共通点は、自身の失敗やマイナス要素を自己分析できていないこと。人事担当者から聞いた「落ちる応募者」にありがちな3つの理由を改善して、念願の内定を勝ち取ろう。 1.アピールポイントがどこなのかわからない。 たとえば応募書類では、自身の最大のセールスポイントがどこにあるか、直感的に人事に伝わるわかりやすさがないとNG。どんなに素晴らしい経歴をもっていても、転職活動....

どんなに転職活動を続けても採用されない3つの理由の続きを読む

医薬品業界で働くことの、4つの特長的な魅力

転職トレンド

医薬品業界には、他の業界とは大きくかけはなれた特異点が多数あります。中でも下記にあげる4つの特長は、そこで働くMRなどの業界従事者にとって、働きがいや誇り、喜びに繋がる大きな魅力です。 1.社会貢献度の高い「生命」や「健康」に係わる仕事 医薬品業界は、医薬品という商品を通じて人びとの生命や健康の維持・回復に貢献する仕事です。医療は病院の中だけでは完結しません。医師や看護師ら医療従事者たちと高度に....

医薬品業界で働くことの、4つの特長的な魅力の続きを読む

給与・勤務地・労働条件、聞きづらい質問の切り出し方

転職トレンド

給与、勤務地、労働条件は、入社を決める前にぜひ確認しておきたいことですが、上手に聞き出さないと入社意欲や仕事姿勢を疑われてマイナス印象を与えてしまうことも。聞きづらい質問をする場合は、自分の都合や要求を前面には出さず、下記2つのポイントに留意してください。 1.質問をするタイミングを見計らう。 仕事内容、勤務時間、給与、休日休暇などは、面接の段階が進めば企業側からひと通りの説明があるのが普通。逆....

給与・勤務地・労働条件、聞きづらい質問の切り出し方の続きを読む

面接後には礼状を送ろう

転職トレンド

ようやく面接が終わったからといって、「やるべきことはやりきった」と開放感にひたってただ連絡を待つのは大間違いです。ハガキやメールで礼状を送り、面接の時間をつくってくれたことへの感謝と「面接してみて改めて入社したいと感じた」という前向きな気持ちを伝えましょう。礼状によって低かった評価が急上昇するということではありませんが、同じような評価を受けるライバルが候補者がいた場合には、選考結果を左右する決定....

面接後には礼状を送ろうの続きを読む

入社後一週間の過ごし方

転職トレンド

企業の外部から突然入社してきた転職者は、社内では注目を集める存在。「仕事ができる人間なのか」、「仲良く出来そうか」を、新しい上司や同僚、年下や異性の社員たちは、じっと見極めています。転職先の会社ではまず、あなたという存在を受け入れてもらうことが仕事の第一歩。笑顔で話す、会話の輪の中に入っていく、約束を守る、仕事には一所懸命取り組む。最初だからこそ、目に見える第一印象が大事。「やっぱり外部から来た....

入社後一週間の過ごし方の続きを読む

「コール数」が営業成績に直結するのがMR職

転職トレンド

「コール数」とは、営業の現場で常に意識される得意先への訪問回数のことです。このコール数を上げれば上げるだけ売り上げが伸びるのは、営業の世界では常識であり、MRの現場でも1日あたりの目標コール数が設定され、毎日それを達成できるよう指導されます。また、コール数は会社に「日報」のカタチで継続的に報告する義務があります。MRの仕事は基本的に個人の裁量で自由に行えますが、コール数に限ってはチェックされる会....

「コール数」が営業成績に直結するのがMR職の続きを読む

MRの「待つ」仕事

転職トレンド

MRの仕事は、多忙な医師との面会が前提のため、どうしても「待つ」ことが仕事の時間の大多数を占めることとなります。訪問する時間はほとんどが医療機関の営業時間中。医師、薬剤師、看護師、受付など、すべての医療関係者が慌ただしく駆け回っている中で、MRはその時間の一部を割いてもらうことに全力を尽くすのです。医師に余裕がない場合は、MRは廊下に並んで時間が経つのを待っていたり、外来の待合席に座っているしか....

MRの「待つ」仕事の続きを読む

履歴書の新常識

転職トレンド

企業に提出する応募書類のルールは、時代に合わせて変化しています。かつて常識だったルールも今は非常識。今回は、最新の転職現場で行き交いしている履歴書の新常識をみっつ、ご紹介します。 1.履歴書は手書きよりもパソコンで書く。 ひと昔前まで「丁寧な楷書」が良いとされてきた履歴書ですが、近年は99%以上がパソコン作成。転職サイトに登録したレジュメがそのまま履歴書として書類選考に使われる他、転職コンサルタ....

履歴書の新常識の続きを読む

営業職出身の職務経歴書

転職トレンド

MRを志望される方の中でも、特に現職が営業職の場合には、具体的な数字で表せる実績を強調するのが効果的なアピールとなります。 具体的には、 ・チームの規模 ・チーム内での役割・ポジション ・目標達成率 ・前年比率 ・受賞歴 などを記載することになります。さらに、自身の営業成績が会社や部署の業績にも与えた影響まで伝えられると、高評価が期待できます。ただし、数字ばかりの羅列では、他業界からの転職では「....

営業職出身の職務経歴書の続きを読む

外資系転職の面接

転職トレンド

外資系企業の面接には、日本企業とは異なる価値基準が存在すると考えて望んだ方が良いようです。特に外国人が面接官の場合、いつもと同じような受け答えの仕方が、知らず知らずのうちにマイナス評価に繋がっている可能性があります。コミュニケーションギャップによる不本意な失敗を避けるため、下記のポイントに気をつけてください。 1.質問には結論から答える。 日本語の文法では、理由が先、結論が後になりますが、英語の....

外資系転職の面接の続きを読む

面接では「上司が望む部下像」を演出しよう

転職トレンド

MRの面接で最重要視されるのは、コミュニケーション能力。中でも、個人での活動機会が多いMRの場合、意外にも「チームワーク」の意識を求められます。営業職は会社の看板を背負って活動するため、勤務実態が把握できず、トラブルが起きた際誰にも相談せず個人の裁量で被害を拡大させてしまうような社員であれば、会社にとっても上司にとっても悩みの種にしかならないからです。中途採用の面接では、採用に至った場合に直属の....

面接では「上司が望む部下像」を演出しようの続きを読む

退職を慰留された場合を想定しておこう

転職トレンド

いざ採用が決まり、現職の上司に退職の意志を伝えると、ほとんどの場合は「考え直してくれないか」、「キミには期待しているんだ」などと、慰留の言葉を受けるはず。しかしそこで転職の決断をひるがえしてしまうのは愚の骨頂。現職にとどまったとしても、あなたへの評価は下がるしかありません。現職の職場からは、「いつまた裏切るかわからないひと」と思われ、転職市場においても「決断力のない信用できないひと」と警戒されて....

退職を慰留された場合を想定しておこうの続きを読む

成長できるMRを目指す

転職トレンド

近年外資系企業の参入が進む医薬品業界では、従来の年功序列型給与体系が衰退、成果型の給与体系の一般化が急速に拡大しています。現代において、医薬品業界、特に成果が報酬に直接反映される営業職=MR職では、ただ年次を重ねるだけでは、年収が上がりづらくなっています。社内のライバルよりも優れた能力を身につけ、期待された以上の成果を出せる人間のみが、高い給与を獲得・維持できるのです。 給与の多寡はあくまでも仕....

成長できるMRを目指すの続きを読む

面接での質問・仕事の進め方

転職トレンド

MRという職種では、勤務時間の大半をひとりで過ごすことになるため、時間の管理能力、問題解決能力、日常的な学習習慣の有無が、面接の合否を分けるポイントとなってきます。「ひとりで働けるから気楽だ」という油断を見透かされると、採用は遠のきます。面接では、「ひとりで働くからこそ努力が必要」という姿勢を見せる必要があるでしょう。 下記に、具体的な質問と回答例を掲載しますので、ご参考ください。 Q1.複数の....

面接での質問・仕事の進め方の続きを読む

転職活動の流れ(4/4)

転職トレンド

ステップ4.退職の作法。 引き継ぎが難航して入社時期を変更せざるを得ない、離職票を出してもらえず新しい会社での入社手続きができない、など、退職にまつわるトラブルは多いもの。どんなに不満を抱えていたとしても、立つ鳥跡を濁さず。表面上は穏やかに、前職に悪いイメージを残さない退職を徹底したいものです。 具体的なポイントとしては、 ・1~3カ月前には退職の意志を伝える。 ・繁忙期を避ける。 ・現職への不....

転職活動の流れ(4/4)の続きを読む

転職活動の流れ(3/4)

転職トレンド

ステップ3.応募書類と面接でアピールする材料を考える。 応募する会社が具体的にイメージできたら、いよいよ実際に応募書類を作成して、面接に臨みます。 気を付けるべきは、人事の要望に合ったアピールを実行できているかどうか。 たとえば、クリスマスプレゼントにテレビゲームソフトを欲しがっている子どもにお菓子の詰め合わせをあげてもガッカリされるでしょう。たとえば、持ち歩きしやすいノートパソコンを買いにきた....

転職活動の流れ(3/4)の続きを読む

転職活動の流れ(2/4)

転職トレンド

ステップ2.求人情報を集め、パーソナルデータを発信する。 MRの求人情報を入手できる媒体は、インターネット上の求人情報サイト、企業の採用ホームページ、求人情報誌、新聞の求人広告、転職フェア、ハローワーク、そして人材紹介会社の転職コンサルタントなど、さまざま。 中でも近年、採用の中心となっているのは、求人情報サイト、転職フェア、人材紹介会社です。取引先からの引き抜き、先に医療業界へと転職した先輩か....

転職活動の流れ(2/4)の続きを読む

転職活動の流れ(1/4)

転職トレンド

MRの転職活動には、大きく4つのステップがあります。いつ、何をしたら良いのか。直前になって慌てないよう、あらかじめ転職の流れを把握し、事前準備に努めましょう。 ステップ1.転職の目的を考える。 案外おろそかにしがちなのが、このステップ。MR職、という大きなくくりはあっても、選ぶ企業や部署によって、実現できる「満足」は異なります。転職活動は、人生の大きな転換期。ならば、この転職によって何を実現した....

転職活動の流れ(1/4)の続きを読む

MR転職をオススメする10の理由

転職トレンド

MRへの転職を考えている読者のみなさんにはわかりきったことかもしれませんが、改めてMRという職種を選ぶメリットを整理してみましょう。 1.職場の人間関係に煩わされない。 MRは月に数回の勉強会や上司への報告を除けば、就業時間のほとんどをひとりで過ごします。オフィスに立ち寄る必要もなく、自宅から担当病院へ出かけ、仕事が終わればそのまま自宅へ帰ることも自由です。当然上司の説教や同僚のグチに、毎日延々....

MR転職をオススメする10の理由の続きを読む

4つの転職パターンからMRへの転職を考えよう

転職トレンド

転職には、大きく分けて4つのパターンがあります。同業界・同業種での転職、異業界・同業種での転職、同業界・異職種での転職、異業界・異職種での転職です。 MRからMRへの転職は、同業界・同職種での転職パターン。転職前と転職後の仕事内容が近く、これまでの経験を直接活かしやすいはずです。ただし、同じMR職での転職ですから、なぜ会社を変える必要があるのか、人事に伝える転職の理由には説得力が必要です。応募書....

4つの転職パターンからMRへの転職を考えようの続きを読む

国内企業と比較した外資系企業の特徴

転職トレンド

近年、医薬品業界でも外資系企業の日本進出が相次いでいますが、国内企業と比較して、外資系企業はどんな特徴を持っているのでしょうか。 1.評価の基準が明快。 外資系では、年次よりも個人の成果が給与や人事に直結するため、努力の成果を実感しやすいという傾向があります。好成績を上げ続ければ責任あるポストを任されるようになるのも早いため、能力のある人は成長スピードも一層上がるでしょう。 2.出世するほど英語....

国内企業と比較した外資系企業の特徴の続きを読む

女性のMR転職は増加傾向

転職トレンド

平成21年版の「MR白書」によると、全国の女性MR総数は前年比9.9%増の6879人。平成12年度の総数より4倍近い増加数を示しており、男性MRの総数にはまだ及ばないものの、女性の就職・転職に際して、MRは有力な選択肢となりつつあります。また、MRは自身で働く時間、労働量を調整できる仕事のため、結婚や出産をした女性が勤務を継続したり、復職しやすい環境にあるとも言えるようです。 MRはその職種の認....

女性のMR転職は増加傾向の続きを読む

MR面接でよく聞かれる10の質問(5/5)

転職トレンド

9.あなたの強みは何ですか? 人気のある求人であれば、自身よりもすぐれた経歴や特徴をもった応募者が、相当数存在するはず。この質問は、そういった強敵たちよりも「あなたを採用するメリットはどんなところにあるのですか?」という問いです。「自己PRしてください」という質問も、この質問と同じような意味があります。 大事なのは、MRの業務にも応用が利くような成功体験を具体的に説明できること。特に、営業、接客....

MR面接でよく聞かれる10の質問(5/5)の続きを読む

MR面接でよく聞かれる10の質問(4/5)

転職トレンド

7.前職の仕事内容を教えてください? 前職で携わった職務のうち、直近の「ピカイチキャリア」を中心に話すと良いでしょう。人事のねらいとしては、MRの業務に活かせる営業経験、社会人としての成功体験、さらに自身の職務内容を他者に簡潔に伝える情報伝達能力を推し量るのが、この質問です。謙遜せず、経験したこと、錬磨の結果身につけた技術や能力について具体的に伝えましょう。「自信はありませんが」などというへりく....

MR面接でよく聞かれる10の質問(4/5)の続きを読む

MR面接でよく聞かれる10の質問(3/5)

転職トレンド

5.他の会社を受けていますか? 転職活動では類似の業種、職種、採用条件の企業に同時応募するのは当然のことですから無理に「御社だけです」と嘘をつく必要はありません。ただし、人事担当者は入社意欲を確認することで、内定辞退されるリスクを回避したいと考えていることも事実。ならば、「御社が第一志望と考えています」の一言は、たとえ本当の第一志望でなくても、言っておきたいところです。他の企業とは違う魅力を改め....

MR面接でよく聞かれる10の質問(3/5)の続きを読む

MR面接でよく聞かれる10の質問(2/5)

転職トレンド

3.退職理由は何ですか? この質問で人事が知りたいのは、採用後、すぐに辞めてしまわずに長期間勤続できる人間なのかどうかです。上司への不満、人間関係のトラブル、待遇面への不満を口にするのは危険。すべての条件で百点満点の企業が存在するはずはなく、「うちの会社も同じような理由で辞めてしまうのではないか?」と思わせた時点で、採用はかなり遠のきます。 ポイントは、自身の長いキャリアの中で、この転職がどんな....

MR面接でよく聞かれる10の質問(2/5)の続きを読む

MR面接でよく聞かれる10の質問(1/5)

転職トレンド

面接時、どんな会社でも必ず聞かれる、よく聞かれる定番の質問があります。このような質問に対して準備をしておけるかどうかは、合否を分ける大きなポイント。回答を丸暗記する必要はありませんが、すべての回答を自身のアピールに繋げられるよう、心構えしておきましょう。 1.なぜ当社に応募したのですか? 同じような企業、業務内容の求人が数ある中で、その会社を選んだ理由を明確に説明することで、入社意欲をアピールで....

MR面接でよく聞かれる10の質問(1/5)の続きを読む

MRが守るべき3つの業界ルール

転職トレンド

MRが販売するのは医薬品という人の生命や健康に関わる商品のため、他の営業職にはない独自の法律やルールに従った行動をとる必要があります。 1.薬事法 薬事法とは、医薬品の品質、有効性、安全性の確保のために必要な規制を行う法律です。充分な試験の行われていない薬、効果の疑わしい薬、重大な副作用のある薬など、許可を得ない薬の販売、資格を有さない企業・団体や個人の医薬品販売は禁止されています。 2.製薬会....

MRが守るべき3つの業界ルールの続きを読む

円満な退職のために気をつける5つの注意事項

転職トレンド

転職先が決まったからと言って、これまでの職場に不義理があるようでは、社会人失格。引き留めに合えば、新しい会社への着任が遅れてしまう可能性もあります。円満な退職のため、5つのポイントに気をつけてください。 その一:1~3カ月前には退職の意志を伝える。 法律によれば、退職意志は2週間前までに伝えれば良いことになっていますが、担当業務の引き継ぎや残務処理のため、1~3カ月前には直属の上司に伝えることが....

円満な退職のために気をつける5つの注意事項の続きを読む

応募は早い方が好印象?

転職トレンド

求人への応募は、早ければ早いほど人事担当者に好印象、と言われることがありますが、本当でしょうか。 必ずしもその通りとは言えませんが、求職意欲、情報収集力、行動力を評価する、という企業も多いようです。たとえば応募者ふたりが同じくらいの評価を受けた場合、先に応募してきた方を優先して採用する、という可能性も否定できない以上、求人情報の収集には日頃からアンテナを張り巡らせておき、可能な限り素早く求人して....

応募は早い方が好印象?の続きを読む

転職コンサルタントを活用する5つの利点(2/2)

転職トレンド

利点その3:レベルの高い応募書類を作成してくれる。 転職コンサルタントはほとんどの場合、応募書類の作成指南と代行をしてくれます。応募する企業によって応募書類の内容をアレンジするのは採用されるための基本といっても、10社20社に応募する場合は大きな負担。コンサルタントは、もとになる応募書類をひとつ書き上げさえすれば、企業ごとの特徴や条件に合わせた細かなアレンジをしてくれます。 利点その4:企業との....

転職コンサルタントを活用する5つの利点(2/2)の続きを読む

転職コンサルタントを活用する5つの利点(1/2)

転職トレンド

面倒、恥ずかしい、自分ひとりで大丈夫、などと言って、コンサルタントへ相談をしないことは、転職活動においては大きな不利です。なぜなら、コンサルタントを活用した人は自動的に、5つの大きな利点を手にしているから、相対的に損をしてしまう訳です。 では、転職コンサルタント利用者が得られる、5つの利点を見ていきましょう。 利点その1:.コンサルタントしか知らない求人情報がある。 企業の人事担当者が発信する求....

転職コンサルタントを活用する5つの利点(1/2)の続きを読む

MRになれば給与は上がるか

転職トレンド

「MRの給与水準は?」で指摘したように、医薬品業界の給与水準は一般的に高いところが多く、他の業種・職種から転職をした場合、給与が上がる可能性は充分にあります。 転職成立時点では、前職での給与を考慮に入れた査定をしてくれる企業が多いのですが、前職の給与水準が製薬会社の給与水準より低かった場合には、給与はやはり上がりやすいはずです。逆に、前職での給与水準が製薬会社の給与水準よりも高かった場合は、給....

MRになれば給与は上がるかの続きを読む

「退職理由」で評価を下げない考え方

転職トレンド

退職理由、転職理由は、答え方を間違えると即、減点材料となってしまいます。もっともやってはいけないのは、前職の批判。上司への文句、人間関係のトラブル、待遇面の不満などを退職の理由にすると、「うちの会社でも同じことを繰り返すのでは?」と疑われ、転職回数が多い人であれば、「本人に問題があるから長続きしないのでは?」と、大きく評価を下げる印象を与えてしまいます。 退職理由を伝える際、意識したいのは「ネ....

「退職理由」で評価を下げない考え方の続きを読む

MRに求められる2つの能力

転職トレンド

MRとして必要とされる能力は大きく2つあります。ひとつは、コミュニケーション能力。MRの仕事が成功するかどうかは、顧客となる医師に気に入ってもらい、自社製品の説明を気分良く聞いてもらえるかどうかにかかっています。 コミュニケーション能力には、口のウマイヘタ以外にも、やわらかい表情、清潔感のある服装などの第一印象や、相手の話をよく聞ける謙虚さ、しっかりとあいさつのできる常識力、さらに求められた要....

MRに求められる2つの能力の続きを読む

面接対策トレーニング方法

転職トレンド

MRは一般的な営業職と同様に外部の顧客とコミュニケーションをとることが仕事なのですから、一般的な社会人としてのマナーは面接時にも厳しく審査されます。また、相対する人間(面接時には人事担当者)に反感を抱かれるような話し方、表情にも細かく気を配る必要があります。他の職種よりも、面接の重要度は高いと思ってください。 面接対策は、可能な限り友人や家族、転職コンサルタントなどに模擬面接の相手をお願いして....

面接対策トレーニング方法の続きを読む

新卒採用面接と転職採用面接との違い

転職トレンド

新卒面接ではすべての応募者が社会人としての経験をもたないため、採用基準は自己PRと志望動機に重点がおかれます。目に見えない「将来性」が評価される訳です。 一方、転職面接では、応募者は社会人経験の中で現実に行ってきた、行動、努力、発想を評価されます。面接で重点的に聞かれる内容は、自己PRと志望動機の他に、前職での仕事内容、問題解決の手段、身についた技能や考え方、実績、退職理由と、具体的です。 人....

新卒採用面接と転職採用面接との違いの続きを読む

ライバルMRとの関係について

転職トレンド

担当地域に存在する病院、診療所の数が限定されている以上は、競合各社のMRとは毎日のように顔を合わせることになります。ライバルMRが何かしら行動をすれば、その分自社の製品が採用される可能性は下がる訳ですから、自身のノルマや目標を達成するためには、ライバルMR以上に医師からの信頼を受ける努力が必要不可欠です。 同じ目的をもって、同じようなスケジュールを立てて行動しているのですから、営業力の差は誰の....

ライバルMRとの関係についての続きを読む

面接で気をつけたい10の基本マナー

転職トレンド

下記は、マナーに関する10の失敗事例です。いずれも「自分は大丈夫」と思っていても、実際に面接の現場で、非常に多く報告されている事例です。 ただ、事前に面接の練習をしておけば、余裕をもって対処できる問題でもあります。模擬面接や頭の中のシミュレーションを通して、成功のイメージを育てておきましょう。 また、時間ギリギリいっぱいに面接室に駆け込んで、慌てて受け答えするのもつまらないミスのもと。30分前....

面接で気をつけたい10の基本マナーの続きを読む

文系出身者、未経験の転職

転職トレンド

MRとして働いている人のうち、文系出身者の割合は約5割です。MRの仕事をする上で、出身学部による不利はないようです。 また、業界未経験での転職でもMRは「MR認定試験」を受験する過程で必要となってくる基礎知識は充分学ぶことができますし、自社製品に関する研修や説明会が定期的に行われますので、営業成績に差がつくようなハンデはないと言っても良いでしょう。 MRに限った話ではありませんが、人材市場では....

文系出身者、未経験の転職の続きを読む

接待について

転職トレンド

「MRは毎日接待漬け」という間違った認識が広まったこともありますが、実際はそれほど派手な接待ではありません。最近では接待の習慣自体が少なくなってきたため、女性のMR就職希望者が増えたとも言われています。 接待では地域の「少し高級なお店」を予約して、医師と一緒に食卓を囲みながら、自社の薬の話、医療業界の話、他愛もない世間話をします。多忙な医療現場の面会では限られた情報量しか交換できないため、MR....

接待についての続きを読む

MR認定試験について

転職トレンド

MR認定試験は毎年12 月に行われます。合格率は80%前後。難易度が低い訳ではありませんが、各製薬会社は8~11月の間に複数回「MR認定試験対策講座」をひらいて事前準備に努めるので、必然的に合格率が高くなります。試験に合格すれば、MRの資格を正式に取得したことになります。万が一不合格だったとしても、罰則や解雇を心配する必要はありません。MR認定証がなくてもMRとしての実務にはほとんど差し支えがな....

MR認定試験についての続きを読む

MRの給与水準は?

転職トレンド

製薬会社の給与水準は非常に高く、ソニー、トヨタ自動車、キリンホールディングスなど主要製造業の中でもトップクラスの企業と比較して遜色がありません。特にMRは製薬会社の中でも他の職種よりも比較的給与が高い場合が多いので、30代から1,000万円の年収を実現するのは、まったく珍しいことではありません。 先述したようにMRの労働時間は個人の裁量によって左右されます。短い労働時間で結果を出せるMRにとっ....

MRの給与水準は?の続きを読む

MRの仕事内容は?(2/2)

転職トレンド

医師は医療現場で処方する医薬品を決定するために、患者さんの声、自身の経験、知人の医師の話、有名な医師の話、医療雑誌や文献、学会のレポート、インターネットなど、様々な情報源を活用しています。 MRはどんな情報源よりも、正確に、適切に、医師のニーズに適合するデータを提案できる必要があります。また、自身のもつデータに関心をもってもらうために、良い人間関係を築いて医師から信頼してもらう必要があります。....

MRの仕事内容は?(2/2)の続きを読む

MRの仕事内容は?(1/2)

転職トレンド

MRは労働時間のほとんどすべてを、担当する病院や診療所への訪問に充てています。顧客である医師・病院に自社製品=医薬品の特徴を伝え、医療現場でより多くの自社製品を使用してもらうためです。販売ノルマの達成、売り上げの向上を目標とすることは、他の業界の営業職と、大きくは変わりません。 独特なのは、顧客=医師との面会方法です。 医局(医師の事務室・控室)または医局前の廊下で、医師の外来時間が終わるのを....

MRの仕事内容は?(1/2)の続きを読む

転職サポートに登録

転職サポートに登録


パイプライン情報

セミナー情報

一覧を見る

MR情報リンク

学会情報

厚生労働相

文献検索

製品・疾患情報

総合サイト

MRタグ

©2014 MRの転職