MRの転職・MRの仕事をサポートする情報サイト

サイトマップ
TOP > MRコラム > 転職トレンド > 女性人気急上昇中のCMR転職、メリット/デメリット徹底比較!

女性人気急上昇中のCMR転職、メリット/デメリット徹底比較!


近年、日本でも注目されるようになってきた、MRの業務派遣業「CSO」。CSOと契約する製薬企業に出向し、MR活動を行うコントラクトMR(CMR)という職種が、特に転職を希望する女性MRの間で、人気を集めるようになってきました。その人気の理由とは、どんなところにあるのでしょうか?
今回は、CSOへの転職を経験した現役女性CMRの方々に、メリット/デメリットを聞いてみました。





メリット1.幅広い領域の仕事を扱える。
「CMRは、1年なら1年、数カ月なら数カ月と、短い単位で仕事を選び、異動できる点が魅力。複数の領域、複数の会社を幅広く経験することで、自分が本当にやりたい領域、目指したい自分像が見えてきました。」(24歳・女性)

案件ごとに違う商材を扱うので、得られる知識は幅広いですね。いつも仕事が新鮮で、飽きっぽい自分には合っています。」(28歳・女性)

MRの転職理由としてやはり多いのは、現職では扱えない領域の商材を扱いたい、という欲求です。しかし憧れやイメージを優先して転職してしまっては、『想像と違った』と後悔することも。CSOであれば、幅広い領域の仕事を扱うことも、実際に経験した中から性に合った領域に特化することも、選べる仕事の領域は自由度が高くなります。

ただし、MRの現場では、特定の領域に深い知識をもった、特化型の人材を求めているのも確か。30代以降には、自分の得意領域を絞って経験を積んだ方が、転職や昇進に有利となる傾向がありますのでご注意ください。



メリット2.キャリアチェンジしやすい。
「所属しているCSO企業の中で、CMRから人事職にキャリアチェンジしました。こういう他職種への異動は、前に勤めていたメーカーではほとんどありえなかったと記憶しています。」(25歳・女性)

「派遣先のメーカーでの働きぶりを気に入られてそこに正社員登用されました。その企業の内情をあらかじめ体験した上での転職になるので、後悔が少ないと思います。」(32歳・女性)

日本ではまだ、CSOという事業形態は始まったばかり。組織の拡大期にあるため、企業の成長に合わせて必要となってくる人事・総務・企画などの内勤職種のポストへのキャリアチェンジも珍しくはないようです。また、CMRは多くのメーカー企業での仕事を体験できるため、自分に合った企業とはどんな企業か、実地で確かめることができます。

転職を考えているけれども自分のやりたい仕事、入りたい企業のイメージが固まっていない...という方は、一度CSOでのキャリアを挟んでみる、という選択をしても良いかもしれません。



メリット3.給与額が安定しやすい。
「特許切れやジェネリック医薬品の登場など、潜在的なリスク要因を抱えるメーカー個社と比較して、業績が安定しやすいということはあると思います。その分、もちろん給与も安定するのかな、と。」(31歳・女性)

「期間限定の仕事が多いため、『ノルマ』や『成果報酬』の考え方はあまりありませんね。成績による給与のバラつきが少ないので、堅実な方に向いているような気がします。」(25歳・女性)

医薬品業界は、他の業界と比較しても安定性の高い業界。ではありますが、ひとつひとつの企業を見ていくと、やはり好調な企業、好調だったけれど不調に転じてしまった企業、長らく低迷している企業など、それぞれ特徴があります。

CSOの給与は決して業界中でトップを争うような突出したものではありませんが、商品の売れ行きや景気の動向に左右されづらく、一定の水準以上で安定しやすいという傾向があります。就職・転職に安定性を求める方にとっては、魅力的でしょう。



メリット4.勤務地を選びやすい。
「夫の転勤先へ、自分は転職をせずについていくことができました。夫も転勤の多い仕事だけど、自分もMRの仕事を続けたい...。そんな方にとって、比較的勤務地の希望が通りやすいCSOは良い選択肢ですね。」(35歳・女性)

「CSOは業務単位、期間限定での派遣が多いので、その都度、勤務地の希望を聞いてもらう機会があります。前職ではなんとなく、勤務地の希望を口には出しづらい雰囲気を感じていましたが、CSOに入って、意識が変わりましたね。」(26歳・女性)

たとえば、結婚、家族や恋人の転勤、親の病気...などなど、勤務地を選ばなければいけない、選びたいという状況は、誰にでもあるもの。そんなとき、取引先の多いCSOであれば、勤務地に関するワガママが、比較的通りやすい環境にある、というメリットがあります。



メーカーMRと比べて、自由度の高いCMR。キャリアプランやワークライフプランに合わせて、選べる「人生」の幅は、広いということができそうです。
MRとしての転職を考えている方、漠然と、現在の自分を変えたいと考えていた方は、一度、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。



よろしければ、こちらもご覧ください。
本日のMR最新求人情報(JAC Recruitment)
MR転職希望者のQ&A

転職サポートに登録

パイプライン情報

セミナー情報

MR・薬剤師・看護師・獣医師のための転職個別相談会

一覧を見る

アクセスランキング

MRタグ

©2014 MRの転職