MRの転職・MRの仕事をサポートする情報サイト

サイトマップ
TOP > MRコラム > MR転職成功マニュアル > MR転職希望者が面接の前後に確認しておきたい6つのこと

MR転職希望者が面接の前後に確認しておきたい6つのこと

MRの仕事環境は少々特殊です。他の職種ではあまり問題にならないような条件も、うっかり見落としてしまいがち。後から「こんなつもりじゃなかった」と悔やまぬよう、面接の前後に確認しておきたい6つのことを見て行きましょう。



チェックポイント1.商材の確認
一口に「製薬メーカー」といっても、新薬かジェネリックか。独占的な分野があるかないか。医療用医薬品か一般用医薬品か。など、取り扱う商材によって、営業方法は大きく異なります。また、医療分野にもトレンドと言えるものがあり、現在は「オンコロジー」「テーラーメード医療」なども、人気を集めているキーワードです。

医薬品メーカーならどこでも頑張りたい、というのも立派な志望動機ではありますが、「なぜ我社に応募をしたのか?」という定番の問いへの回答として、どんな商材を扱っているか、最低限の知識をあらかじめ学んでおくべきでしょう。



チェックポイント2.勤務地の確認
MRは、日本全国の医療施設を対象とする仕事なので、大都市以外での勤務の可能性も、非常に高くなります。大都市での勤務を希望する場合は、都市圏に限定して営業活動している外資系メーカーを中心に、各医薬品メーカーのサイトで営業所のページなどを確認しておきましょう。自分で調べてもわからない場合は、転職コンサルタントに相談してみると、内情がつかみやすいはずです。



チェックポイント3.勤務時間の確認
MRは会社によって、勤務時間が大きく変わります。ある会社では、自宅から直接病院へ出かけて、そのまま帰宅することが許されます。またある会社では、必ず朝、一度は営業所に立ち寄って、また帰宅前にも営業所に業務報告のために戻る必要があります。ノルマをこなしてさえいれば勤務時間もある程度の裁量が任されている会社があれば、業務報告を細かくチェックして、MRひとりひとりの活動を厳しく管理している会社もあります。必ずしも管理がゆるい会社の方が働きやすいとは言えませんが、MRに「自由」を求めている方であれば、事前に確認しておきましょう。
ただし近年は、業務報告をしっかりと管理して、営業成績の安定化を推進する会社が増えているようです。



チェックポイント4.営業車の確認
MRは仕事時間の多くを営業車の中で過ごします。その営業車は、会社が購入したものを分配されるのか。自分で選んで購入したものに一部/全額補助が受けられるのか。車を重要視したい方の場合は確認しておいた方が良いでしょう。情報が見つからない場合は、面接時に確認してみるのも失礼ではありません。



チェックポイント5.土日の研究会・研修
MRは多くの病院が休みとなる土曜日・日曜日に、研究会研修を開催することがあります。頻度はどこの会社でもあまり変わりはありませんが、念のため、大まかな基準を聞いておくと安心です。



チェックポイント6.キャリアアップの道筋を確認
MRはその気があれば退職の年齢まで勤め上げられる仕事ですが、営業所長や学術担当、本社勤務で企画戦略部門に所属するなど、キャリアアップの道筋もあります。こういったキャリアアップを希望している方は、将来的に異動・昇格の可能性がある会社かどうかを、あらかじめ確認しておく必要があります。外資系企業などの場合は、日本支店は営業の機能しか持ち合わせていないため、必然的に営業関連職以外でのキャリアアップは、かなりハードルが高くなると言えるでしょう。



この他にも、給与・休暇など、一般的な条件も、もちろん合わせて確認しましょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。
本日のMR最新求人情報(JAC Recruitment)
MR転職希望者のQ&A

転職サポートに登録

パイプライン情報

セミナー情報

MR・薬剤師・看護師・獣医師のための転職個別相談会

一覧を見る

アクセスランキング

MRタグ

©2014 MRの転職